ブラジリアン柔術アカデミーWARP


post-image_one

運動不足を解消して健康な体を手に入れたい、護身術として何か覚えたいと思うなら、ブラジリアン柔術は最適です。
しかし、ブラジリアン柔術を始めることで、健康づくりや護身以上の、もっと素晴らしい体験をすることができます。


Google社の福利厚生として採用されるなど、柔術はひそかなブームになっています。 なぜブラジリアン柔術が注目されているのでしょうか。


全性。柔術は、本来はストリートファイトを想定した実戦的な格闘技でしたが、 競技ルールでは打撃が禁止されているため、非常に安全な格闘技です。


く続けられる。格闘技の経験のない方、女性、子供、30代、40代以上の方も始めることができます。「あまり激しい練習はちょっと」という方は無理のない範囲での練習で楽しめます。


的で、スタイリッシュ。ブラジリアン柔術は力に頼らず、テコの原理や解剖学を用いて合理的に相手をコントロールしていく競技です。また、様々な色・デザインの柔術衣、GI(ギ)も柔術の楽しみの一つです。


post-image_one

WARP(ワープ)は青森県青森市と弘前市で活動している 「日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)」 「全日本柔術連盟(JJFJ)」 公認アカデミーです。 ブラジリアン柔術を中心に、 グラップリング(No-Gi)の練習もしています。

れぞれの目標。WARPでは、きっちり練習をして試合に出たい方、健康やダイエットのためライトに運動したい方など、一人一人に合わせたメニューで指導しています。もちろんうまくできないからといって叱られることはありません。


けがえのない仲間ができます。男女問わず、様々な職種・国籍のWARP会員が新たな仲間をお待ちしています。柔術が強い人もまだ始めたばかりの人も、常識・礼節をわきまえて仲良く柔術ライフを楽しんでいます。


W

ARPファミリーにあなたもなりませんか?今まで体験したことのない全く新しい世界が広がっています。WARPでは、無料の練習見学・体験入会を大歓迎しています。


017-766-5858
メールフォーム
※練習中は電話に出られない場合があります

BLOG

グラントの旅立ち

グラントが弘前から旅立ちました。

2年間で大小問わずたくさんの大会に出場。おそらく10大会ほどでしょう。
青帯ではアジア選手権でWゴールド。紫帯になってからは、韓国の大会やムンジアルに出場して経験を積み、全日本チャンピオンにもなりました。
弘前の週2回の練習には毎回参加し、青森道場にもよく練習しに来ました。
この練習量に比例して、実力も飛躍的に向上。努力がしっかりと結果に結びつきました。
日本語が堪能なので会員さんとのコミュニケーションもばっちり。
僕と柔術のスタイルは全く違いますが、考え方や価値観は非常に似ていて話が合いましたね。
23歳とは思えないほど自分の考えをきちんと持っていて、先生や先輩会員を敬い、高校生会員の兄弟子としての役割も果たしてくれて頼もしい存在でした。
WARPの代表として、本当に嬉しく、誇りに思います。

グラントはしばらくは愛知に滞在するとのことで、これから新たな良い道場と師匠に巡り会えるといいですね。
愛知は意外と行きやすかったので、みんなで遠征に行くのも楽しそう。


とても寂しくなりますが、今後のさらなる活躍を心から願います。

「ブラジリアン柔術アカデミーWARP」
☆☆☆見学は無料 体験入会・新規入会も随時受付しています☆☆☆

8/5(日)第19回全日本ブラジリアン柔術選手権・結果

東京・大田区総合体育館で「第19回全日本ブラジリアン柔術選手権」が開催されました。

グラント・ボグダノフ
アダルト紫帯ミディアムヘビー級 2勝して優勝

アダルト紫帯オープンクラス 2勝して3位

グラントはもうすぐ青森を離れてしまいますが、最後にその勇姿を間近で見ることができて本当に良かったです。
本人も数ヶ月前からこの大会を目標に練習してきて、きっちり結果を残し全日本チャンピオンになることができました。
2つのメダルと、優勝者に配られるNEWERAのキャップをゲットしてご満悦。

おめでとう!

「ブラジリアン柔術アカデミーWARP」
☆☆☆見学は無料 体験入会・新規入会も随時受付しています☆☆☆

ページ:«1234567...72»
ブラジリアン柔術アカデミーWARP
青森道場: 〒038-0003 青森県青森市石江岡部59-14
弘前道場: 〒036-8103 青森県弘前市川先4丁目1-1
ホーム | WARPについて | 日程・練習時間
アクセス | 入会案内 | ブログ | お問い合わせ